思い描く最後のセレモニーが実現できます

大切な人が亡くなったとき、遺族ができることはそれほど多くありません。
ですから、これまでの感謝の気持ちを込めて、故人に相応しいお葬式にしてあげたいと考える方は少なくないでしょう。
しかし、時間や費用の面を考えて葬儀を行わなくては、遺族の負担は大きくなってしまいます。
そこで今日は、さまざまな葬儀のかたちをご紹介したいと思います。
 まず、近年急速にその認知度が高まっているのが「家族葬」です。
これは、家族やごく近しい方だけで葬儀を行うもので、弔問客への対応などに時間を取られないことから、ゆっくりと故人との最後の時間を過ごすことができるというメリットがあります。
また、忙しい現代人のための「一日葬」という、お通夜を省略した一日だけ葬儀を行う方法もあります。
時間や費用を節約しながらも、少しでも故人のためにセレモニーをしてあげたいという遺族から、たいへん大きな注目を集めています。
さらに、そういった儀式的なことは必要ないとお考えの方には、火葬だけを行う「直葬」という方法もあります。