自分の好みに合わせて選択できる新しい葬式のスタイル

今や葬式もいろいろと選べる時代になりました。
お墓に納骨される一般的なスタイルだけでなく、海に遺灰を散骨したり、自然の木や植物の下に埋葬したりと、様々なスタイルが生まれています。
なかには、宇宙に散骨するというユニークなものまであり目を疑いたくなります。
現実離れしたファンタジーのように思われますが、実際に行われている新しい葬式です。
遺灰をロケットにのせて宇宙まで飛ばし、宇宙に着いたらロケットもろとも消滅する、遺族はその様子を地上から見守るのだそうです。
また、遺灰を衛星ロケットにのせて、地球の周囲を一定期間ぐるぐると周り続けるというプランもあります。
これらは費用が高額になるため、もう少し費用を抑えたいのであれば、巨大な風船を使って飛ばすという環境にも配慮した方法も用意されています。
天国にいった、お星さまになった、というような小さな子供に向けた曖昧な表現も、あながち嘘ではない時代が来ました。
空を見上げて故人を偲ぶ、なんてロマンチックなんでしょう。