葬式といっても義務があるわけではないです

葬式というのは別にやることが義務ではない、というのは知っておいた方がよいでしょう。
社会的にやることが殆ど義務みたいなことになっていますが、それでも基本は火葬さえできていればそれだけで十分でもあります。
法律的にはそれでよいとされているわけです。
その点をよく認識しておいたほうがよいでしょうが、それでも多くの人がやることになるでしょう。
そして、結構な金額をローンなどで工面する人もいます。
葬儀の場合、香典が入りますから、多少はそれで補うことができるでしょう。
人によってはこれで完全に黒字になる人もいます。
しかし、読経代とか墓に文字を入れる代金とか色々と考えますと大抵の人は足が出るでしょう。
葬儀代のローンサービスはありますが出来れば一括で支払うことができるようになったほうがよいでしょう。
そうすれば少なくとも利息を支払うことがなくなります。
葬式を挙げるときには費用に関してはよく考えてから決めるようにしましょう。