葬式のプランは、故人を敬う気持ちで

葬式を行う時のプランは、それぞれの家庭で異なりますが、現在では、昔のような大っぴらに執り行うことがなくなり、控え目なお葬式に移り変わってることがあります。
費用の面でも、比較的抑えられた金額になってますので、家計にも助かることが多くなってます。
中には式を行わずに直接火葬場に行くというプランは、葬式の中では、一番安いプランとなってます。
葬式も執り行うことなく火葬を行う時には、法律上ルールがあり、故人となってから、24時間は火葬をしてはいけないことになってますので、腐敗を防ぐために、どこかで遺体を保管しておくことが必要となります。
格安となってるのですが、その反面親族からは、可哀そうという方もいらっしゃるので、親せきや親族でよく話し合って決めることが大切です。
場所によっては、火葬場が混雑をしてる場合もありますので、故人のことも考えて、なるべく早く火葬をしてあげることが大事です。
一般的な葬式ですと、お通夜が終わっても火葬がいっぱいですと告別式が執り行うことが出来ないので、前もって日時を予約しておく必要があります。

全てのものに思い出が詰まっていて整理が進まない
捨てるものと捨てないものに分けるのがコツです

仏壇東京都知事賞受賞

まごころ込めたお葬式を致します

最新投稿

  • 葬式といっても義務があるわけではないです

    葬式というのは別にやることが義務ではない、というのは知っておいた方がよいでしょう。
    社会的にや …

    続きを読む...

  • 思い描く最後のセレモニーが実現できます

    大切な人が亡くなったとき、遺族ができることはそれほど多くありません。
    ですから、これまでの感謝 …

    続きを読む...

  • 自分の好みに合わせて選択できる新しい葬式のスタイル

    今や葬式もいろいろと選べる時代になりました。
    お墓に納骨される一般的なスタイルだけでなく、海に …

    続きを読む...

  • 葬儀の日程を決めるのは大事な仕事

    初めて喪主を務めることになったら、右も左も分からずムダにバタバタしてしまうでしょう。
    喪主にな …

    続きを読む...